「相続」について、どこまでご存知ですか?

 

この講座では相続が原因で実際にあったトラブル事例を基に、相続の基礎知識を学んでいただく勉強会です。
ここだけは押さえてほしいというポイントをわかりやすくご説明いたします。

相続に無関心だった方も勉強会を通じて身近に感じていただければ幸いです。

 

 

次回、第7回は8月25日(金)開催!

開催日:平成29年8月25日(金)
※毎月第4金曜日は「相続相談の日」
時 間:13時30分~15時予定
会 場:センチュリー21すまいる
住 所:向日市寺戸町小佃19番地
※ライフシティ東向日の専用駐車場をご利用いただけます。
定 員:8名さままで
参加費:無料
(勉強会終了後、個別相談会も受け付けております。)

向日市寺戸町小佃19

 

セミナー申込フォーム


相続診断チェックシート

下記項目に該当する欄にチェックをお願いします。
セミナー参加時に「相続診断レポート」を無料でプレゼントいたします。

相続人に長い間連絡が取れない人がいる
相続人の仲が悪い
親の面倒を「見ている子ども」と「見ていない子ども」がいる
上場していない会社の株式を持っている
分けることが難しい不動産や株式がある
財産は何があるのかよく分からない
一部の子どもや孫にだけお金をあげている
会社を継ぐ人が決まっていない
先祖名義のままになっている土地がある
家族名義で貯めているお金がある
特定の相続人に多く財産を相続させたい
再婚している
配偶者や子ども以外の人に財産を渡したい
連帯保証人になっている
相続する人に「障がい」や「未成年」「認知」等の問題を抱えた人がいる
「借りている土地」や「貸している土地」がある
相続人が「海外」や「遠い場所」にいる
財産に不動産が多い
借金が多い
友人や知人にお金を貸している
誰にも相談しないで作った遺言書がある
相続税がかかるのかまったく分からない
誰も使っていない不動産がある
大きな保険金をもらう子どもや孫がいる
子どもがいない
なかなか入居者が決まらない古いアパートがある
誰にも相続について相談したことがない
子どもは皆自宅を持っている
古い書画や骨董を集めるのが好きだ
子どもが相続対策の相談に乗ってくれない

 

相続について

 

テレビやマスコミで世間を賑わしている「相続」についてあなたはどこまでご存知ですか?
遺産を巡る骨肉の争いはドラマにまでなった社会問題となっています。
ドラマでは「相続」を「争族」と表記し、遺産を巡る親族間での骨肉の争いを描いたヒューマンドラマとして放送されました。

 

 

講師のご紹介

 

橋本裕介(センチュリー21株式会社すまいる代表取締役)
一般社団法人相続診断協会 関西相続診断士会所属 相続診断士
何故不動産会社が相続勉強会?という疑問がおありかと思います。
実際に相続のことについてどこに相談すればいいかわからないという声をよく耳にします。

そして争族になる引き金の多くが「不動産」。
本講座は「相続税」ではなく「相続」という事象に関する基礎知識という敷居を下げたどなたでも気軽にご参加いただける内容にしております。本講座を通じて相続を身近なものと感じていただき、話し合いの場を設けるきっかけに繋がれば幸いです。

事例を基に考えてみよう。

 

あなたは以下の家系図の次男です。

 父が亡くなり、相続人が母と次男のあなた、そして長男。

 遺言書はありません。

 残された財産は住まいの土地建物のみ(評価額1000万円)

 相続税はかかりません。

 その不動産に母と次男のあなた、そしてあなたの家族が同居しています。

 長男は10年前から家族の交流を断っていた。

1540_32 長男は自身の権利分(250万円)の金銭を要求してきたが、あなたは支払えるお金がありません。

もしこのような相続が発生した場合、あなたはどうしますか?

相続は身近なもの

 

「相続なんて、うちには全く関係ない」とお考えの方がほとんどではないでしょうか?
しかし上記の例を見て下さい。
「相続税」はかからないものの、親族間での金銭問題が発生していることがおわかりいただけたと思います。

このケースの問題点

 父の遺言書がなかった

 生前に家族での話し合いがなされていない

 手元資金がない

 相続について深く考えていなかった

「相続税」は一部の人の問題ですが、「相続」は誰しもいずれ確実に通る道なのです。

うちの家族は大丈夫・・・

 

それでも「うちの家族は仲もいいし、そんな金銭で揉めたりしない」とお考えの方もいらっしゃると思います。
ではもしあなたが兄の立場だったとしたら250万円がもらえる権利を放棄なされますか?
250万円もあれば、旅行も行けるし、欲しかった車くらい買える金額です。
小さいお子さんがいらっしゃる家族では今後養育費も何かと入用ですよね?

「私はそんなお金いりません!」と即答できますか?

「お金」は人を変えてしまう力があります。
争族の元凶はすべて人の「欲」から発生します。
目の前にお金がぶら下がっていたら、誰だって手を出したくなります。
それは人間の性だから仕方ありません。そこに争族の火種が隠れているのです。

相続勉強会で伝えたいこと

 

相続のことをもっと身近に学んでおけば、このような悲しい結末を迎えることはなかったと思います。
勉強会では相続税の「節税」に関するご案内はいたしません。
実際にあった相続トラブルの事例を通じて、相続に関する基礎知識を学んでいただき、争族にならないために今から事前に家族で話し合う機会を設けていただくことを目的としています。

ちょっとした知識であなたの人生が大きく変わります。

相続は決して「お金持ちの方の問題」ではありません。
是非セミナーを通じて、相続を身近なものとして感じていただければ幸いです。
相続診断士として1つでも多くの争族がなくなることを切に願っております。
※毎月1回相続診断士による定例勉強会を開催しております。

 

 

 

これまでセミナーにご参加いただいた方の声


※第5回は別会場にて開催。
その際に際に撮影した記念写真。
若い方のご参加が多い会でしたが、今から相続に関心をもっていただけて大変いい会となりました。

 

私たちが直面している問題に合ったお話でとても参考になりました。ありがとうございました。
今まさに教えていただいた「争族」になってしまっている。もっと早く知っておけばよかったです。

 

「相続」は誰しも起こり得る事象です。

 

「私には関係ない」と思っている方ほどのちに問題を抱えていらっしゃいます。
何もないかもしれませんが、何かあることを想定して相続の知識を学んでみてはいかがですか?

 

個別相談であなたのお悩みお聞きします。

 

相続と言っても、節税対策などの税務全般は「税理士」。相続登記・遺産分割協議などは「司法書士」。遺言書作成等は「行政書士」。紛争解決のことなら「弁護士」。遺品の整理は「遺品整理士」といったように専門が分かれます。

個別相談会ではまずあなたの現況・お困りごとをお聞かせいただき、それを解決するにふさわしい担当者をご紹介いたします。
まずはお気軽にあなたのお悩み事を「相続診断士」にご相談下さい。

 

次回、第7回は8月25日(金)開催!

開催日:平成29年8月25日(金)
※毎月第4金曜日は「相続相談の日」
時 間:13時30分~15時予定
会 場:センチュリー21すまいる
住 所:向日市寺戸町小佃19番地
※ライフシティ東向日の専用駐車場をご利用いただけます。
定 員:8名さままで
参加費:無料
(勉強会終了後、個別相談会も受け付けております。)

向日市寺戸町小佃19
セミナー申込フォーム


相続診断チェックシート

下記項目に該当する欄にチェックをお願いします。
セミナー参加時に「相続診断レポート」を無料でプレゼントいたします。

相続人に長い間連絡が取れない人がいる
相続人の仲が悪い
親の面倒を「見ている子ども」と「見ていない子ども」がいる
上場していない会社の株式を持っている
分けることが難しい不動産や株式がある
財産は何があるのかよく分からない
一部の子どもや孫にだけお金をあげている
会社を継ぐ人が決まっていない
先祖名義のままになっている土地がある
家族名義で貯めているお金がある
特定の相続人に多く財産を相続させたい
再婚している
配偶者や子ども以外の人に財産を渡したい
連帯保証人になっている
相続する人に「障がい」や「未成年」「認知」等の問題を抱えた人がいる
「借りている土地」や「貸している土地」がある
相続人が「海外」や「遠い場所」にいる
財産に不動産が多い
借金が多い
友人や知人にお金を貸している
誰にも相談しないで作った遺言書がある
相続税がかかるのかまったく分からない
誰も使っていない不動産がある
大きな保険金をもらう子どもや孫がいる
子どもがいない
なかなか入居者が決まらない古いアパートがある
誰にも相続について相談したことがない
子どもは皆自宅を持っている
古い書画や骨董を集めるのが好きだ
子どもが相続対策の相談に乗ってくれない

【主催】センチュリー21すまいる【協賛】一般社団法人相続診断協会・おとくに相続相談センター