向日市まつり2016に行ってきました(向日市)

   

毎年この時期に開催される向日市のビッグイベント「5万人のふれあい」をメインテーマにした「向日市まつり」が11月19日(土)20日(日)に開催されました。

本日はその一部をレポートさせていただきます。


市民の皆さまがつくる「市民ふれあい広場」では様々な体験会を実施されていました。
特にフリーマーケットコーナーは人が溢れるほどの大盛況ぶりでした。

 


新鮮な野菜などが販売される「農業コーナー」。
開場と同時にお客様が一目散にお目当ての野菜を買われていました。

 

飲食ブースは例年通り多くの向日市にお店を構える商店様が軒を並べ、どこも大盛況でした。

 

農業組合さん一押しのおにぎり


毎年すぐに売り切れる農協さんの手作りおにぎり

2つ入って100円、味はシンプルに塩味。
午前中には売り切れる毎年人気メニューなので、開場と共にすぐに並んで買いました(笑)

 

元祖ゆる辛丼考案の店「中々」



居酒屋さんでありながら、ランチも充実の中々さん。
向日市まつりでは大将が中心となって考案された「ゆる辛丼」での出店です。

 


こちらがゆる辛丼。
お子さまでも食べられる少し辛さが売りの丼です。
あぶりチャーシューの上にガーリックチップとラー油を混ぜたものをトッピング。
初めて食べましたが、見た目は辛そうですが辛くもなく、ガーリックチップが絶妙なバランスで大変おいしかったです。料金は1杯500円(税込)でした。

 

和菓子専門店「鳴海餅」さんからはこちら。

みかん大福、1個250円でした。

イチゴ大福はよく食べましたが、みかん大福は初めてだったので思わず購入。
みかんが丸々一個入っていて、その周囲を白あんで包んだ大福でした。
食べると白あんと果汁の甘みがマッチしてとても美味かったです。

 

2日目のランチは以前から気になっていたこちらの丼。

 

向日市の老舗焼肉店「なかむら」さんの「牛スジ丼」です。

焼肉屋さんだからできるこの充実っぷり。
ご飯よりも牛スジの方が多かったです。
タレがしみ込んだブロックサイズのコンニャクがこれまたご飯に合うんです。
こちらも1杯500円(税込)。

 

ここでちょっと気になるサイドメニュー


たこせんの上に目玉焼き、天かす・ソース・マヨネーズをかけたシンプルな「たまごせんべい」

子供から大人になっても食べたくなる懐かしい味。
祭りのときくらいしか食べれない祭りメニューは1枚300円。

 

飲食ブースは特に2日目が大繁盛しておりました。

 

 


競輪場ならではのブース。
実際に競輪選手がレクチャーしてくれる補助輪はずしもお子さまには大好評でした。

 


建物内ブース出展会場では来年2月に開催される「向日市ふるさと検定」のテキスト販売などもありました。


またそちらではこんなものまで商品化・・・


むこうまチロル
まだ食べてないですが、一体どんな味がするでしょう・・・

 



その他にも「住まいの耐震相談」や「子育て支援団体」さんのブースなど多岐にわたり、色々楽しめます。

 

センチュリー21さんからは「センチュリワンくん」も子供たちの注目の的でした。

 

 



向日市まつりのオープニングを飾るマーチングバンドを皮切りに、子どもたちに人気のキャラクターショー「動物戦隊ジュウオウジャー」のステージでは舞台周辺を埋め尽くす親子連れで賑わいました。

 


その他にも「西岡衆武者行列」では甲冑を着た安田市長始めチビッ子たちも変装して競輪場内を練り歩いてました。
※初日予定していた「大極殿衣裳行列」は残念ながら雨で中止でした。

 

今年も盛りだくさんの催しであっという間の2日間でした。
向日市最大のお祭り「向日市まつり」。もちろん来年も開催されます。
今年ご参加出来なかった方、是非来年は友だちやご家族そろって行ってみてはいかがでしょう?

編集長:はっしー

 - 向日市, 地域イベント