創業50年の老舗文具店「ナカヤス(向日市)」

      2016/09/28

店舗外観
阪急東向日駅とJR向日町駅間の西国街道沿いで営業されている文具店「ナカヤス」さん。
創業は昭和41年、実に今年で50年を迎える老舗のお店です。

 

数少なくなった文具店


昔は至る所に文具店がありましたが、今は大型専門店やインターネット通販が急増し、こういった町の文具屋さんは見かけることが少なくなりました。

ご両親さまが創業されたこの店、昨年ご主人さんが30年間勤めた会社を脱サラし、奥さまと二人三脚で切り盛りされています。

 

「文具」を通じたコミュニケーションを

大型専門店が増える中、こういった町の文具屋さんは差別化をしなければならない。
そんな想いから「文具を使ったワークショップ」を展開されています。

創作意欲の湧くワークスペース
ただの物売りではなく、「モノづくり」を通じて地域の皆さんとのコミュニケーションを大切にしていきたいと語る中村さん。
お店の2階はワークが出来る教室スペースを設けておられます。
建物外観から想像できない梁を見せた空間は天井高が高く、創作意欲の湧く空間となっていました。

 

とにかく手先が器用!

手先が器用な笑顔が素敵なご夫婦さん
向日市激辛商店街の加盟店でもある「ナカヤス」さん。
ご主人さんは手先が器用で、激辛商店街のゆるキャラ「からっキー」のフィギュアや消しゴムハンコを作られるほどの腕前。
奥さまは字をとても上手で、毎月情報誌を手書きで作成されておられます。
ちなみに私はご祝儀袋の名前などは奥さまにお世話になっています(笑)。

 

激辛グッズも販売中
激辛商店街のグッズも販売されておられます。

 

これまで2階のスペースを使って「消しゴムハンコ作り」「ペーパークラフト」「麦わら帽子作り」などをされてきたそうですが、今後はさらにラインナップを増やしていく予定とのこと。
来年の夏にはお子さま向けの自由研究・工作教室も企画中。
ぜひ私も子供連れて参加したいと思います。
スペースの貸し出しもされているそうなので、お教室などをご検討の方はお電話にてご相談ください。

今後は大型店では売っていないようなオリジナルブランドを提供したいと考えておられます。どんな商品が生まれるのか今から楽しみです。

 

所狭しと並んだ商品の数々
価格だけではなく、しっかりとお客さまの声に耳を傾け、相手の立場を考えた商品の提案こそが「買物難民を救う」と語る店主の中村さん。
便利になった時代だからこそ、こういった原点を大切にしたお店が頑張ってくれることが地域活性に繋がると感じました。
文具のことでお困りの際は、ネットでボタンを押す前に一度ご相談されてみてはいかがでしょうか(^-^)

編集長:はっしー

【店舗情報】

名 称:文具ナカヤス
住 所:向日市寺戸町東田中瀬15番地22
電 話:075-921-1258
定休日:日曜日
営業時間:月~金10:00~20:00 土10:00~17:00
※阪急「東向日」駅東口から東へ徒歩約2分
京都向日市激辛商店街加盟店

 - オススメのお店紹介, 向日市